子供たちとバレンタインケーキ作り

今日は、子供たちと主人にあげるバレンタインのケーキ作りをしました。

 

子供と一緒にキッチンに立つのは、一人でやるより何倍も疲れるけれど、上の子の将来の夢がケーキ屋さんなので、今日は頑張ります。

 

簡単かつ美味しいことが第一条件なので、粉もチョコレートも型も入っているキットを利用します。

 

あとはバターと卵を用意すればいいだけなので、子供のお菓子作りには最適です。

 

エプロン、三角巾を付けて、手を洗い、お菓子作りスタート!

 

上の子は卵を割り、粉を混ぜる係。下の子はチョコレートを湯煎で溶かす係。

 

二人とも上手に作業しています。

 

作業中の二人の姿を写真に撮って、主人に送ると、とても喜んでいまいした。

 

次は、粉とチョコレートを混ぜます。

 

いつの間にか、二人の顔にチョコレートが付いているけれど、楽しく作りたいので、今日はスルー。

 

生地をよく混ぜたら、型に流し込み、オーブンへ。

 

上の子は、すぐにでも食べたいようで、何度もオーブンの中を覗きます。

 

冷めるまで、そしてパパが帰ってきてから食べるんだよ、と言うと不服そうだけど、何とか思いとどまらせました。

 

しかし、まだ何か作業をしたいアピールをしてきたので、さらに簡単にできるチョコレートケーキを作ることにしました。

 

ケーキと言うよりは、蒸しパンみないなもので、炊飯器で焼けるものです。

 

出来上がりをすぐにお昼ご飯として食べました。

 

フワフワホカホカで美味しいこと美味しいこと。

 

3人でペロリと食べてしまいました。

 

お店のケーキも好きだけど、子供たちと作って食べるケーキもすごくおいしいです。

 

その日主人の帰りが遅く、寝る間際まで、最初に作ったケーキの仕上げをして、食べたいと言っていた子供たち。

 

次の日の朝、粉砂糖を振りかけて、嬉しそうに主人に渡していました。


ホーム RSS購読 サイトマップ